読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HMP2ブログ

hmp2という名前でアクセサリー作ったり、思ったことをオブラートに包んでから破いて書いたり、iphoneアプリをエンジョイしたりしてます。  著者連作先:byousatsu-pn2@hotmail.co.jp

【初めての子育て】5種類の粉ミルクにおすすめランキングつけてみた!【味・母乳混合・選ぶポイント】

Milk

こんにちは! パパンツです

 

うちのムッスコも生誕1ヵ月を迎え、順調に育っております、っていうか滅茶苦茶ミルク飲むんでぶくぶく太っていってます!デブです!

 

まぁ体重とかそういうのは成長と共に落ち着いてくれると信じていますが、飲みまくられるとミルク代も馬鹿になりませんよね!でも「最近飲み過ぎじゃない?ちょっと控えないと体に毒よ…?」と行きつけの場末のスナックのママ風にたしなめたところで、当人はガブガブいきますからね!何せ言葉が通じないもんで!(1ヵ月)

 

となると、ここはミルクさんサイドのコスパで乗り切りたい、ということでコスパ重視の粉ミルクランキングです!(前振り)

なんか値段以外にもいろいろ良し悪しあるみたいなんで、頑張って調べて比較しました!

 

嫁が!

 

偉いぞ!

 

もくじ

 

粉ミルクを選ぶポイント

まぁまずは育児方針というか、そもそも完全母乳で育てる場合だとこんなランキング全然見る価値無いから帰って!それ以外、要は母乳+粉ミルクの混合か、粉ミルクオンリーのどちらかで育てる人が来になるランキングだと思います

 

ちなみに我が家は母乳ミルク混合派、おそらくそういう家庭が多いんじゃないかと思ってるんですけど、そういう場合って粉ミルクの「味」が意外と重要

 

甘い味のミルクは当然ながら赤ちゃんも好んで飲んでくれますが、逆にそっちに偏りすぎると母乳の味を嫌がって飲んでくれなくなる恐れがあるので、このあたりのバランスも考えないといけないのです

ちなみに味は嫁が実際に味見してチェックしてたので予想では無いぞ!

 

そのへんのバランスも含めてランキングにしていますゆえ、ご了承願おう!

ではどうぞ!

 

我が家の粉ミルクランキング

第5位

雪印メグミルク ぴゅあ

雪印メグミルクぴゅあ 820g

雪印メグミルクぴゅあ 820g

 

【価格】★★

【風味】

【甘さ】

【溶け】

産院での広告費を抑えることによる低価格が魅力的

が、とにかく超マズい!なにこれめっちゃ生臭い…生臭くない?死にたての魚入ってない?(鮮魚)

なおかつ溶け残りが哺乳瓶全体的に付着していたり、飲んでいる最中の泡立ちが他に比べて多い気がする

 

赤ちゃんを病気から守るタンパク質「ラクトフェリン」や、同じく病気から守る「アクトアドへリン」を含有(ちなみにラクトアドへリンは含有量No.1)

 

品質はもちろん基準以上なので、赤ちゃんが嫌がらなければこれが一番家計にやさしいんだけど、うちのムッスコは露骨に嫌がりました!仕方ないわ!生臭ぇーもんな!

 

あと計量スプーン平た過ぎて使いにくいのも減点対象です!計りにくいんだヨォォ!

 

第4位

森永乳業 E赤ちゃん

森永乳業 E赤ちゃん 大缶 800g ×3セット

森永乳業 E赤ちゃん 大缶 800g ×3セット

 

【価格】

【風味】★★★

【甘さ】★★★★★

【溶け】★★★★

「森永乳業 はぐくみ」をベースに作られた、赤ちゃんのアレルギー反応を防ぐ効果が期待できる粉ミルク(アレルギー専用ではない)。お腹を壊しやすいブリブリ系赤さんにおすすめ

 

味は非常に甘みが強いがこれといったクセが無く、溶けも非常に良い優秀なミルク

 

専用ケースで何度も詰め替えて使えるエコ楽パックがあるのでゴミ捨てが楽になるなど、かなり高評価できるんだけど、まぁ当然っちゃ当然ですが高機能なぶん価格が高い

 

サンプルを使って見て良さは分かるんだけど、継続的に購入してってことを考えるとちょっとしんどいかな!まぁお腹の弱い子なら選んであげるべきかも

 

第3位

明治 ほほえみ

明治 ほほえみ 800g

明治 ほほえみ 800g

 

【価格】

【風味】★★★

【甘さ】★★★★

【溶け】★★★

日本の育児用ミルク売り上げNo.1、絶対的王者のほほえみが第3位

心なしかパッケージの絵の子も王者の風格を漂わせていますね!(いない)

 

抗酸化作用があり免疫力を高めるセレンが唯一含まれており、頭が良くなる成分でお馴染みのDHAの含有量No.1

さらに甘みが強いため赤ちゃん受けも良く、溶け残りも気にならないという優秀さですが、それよりも特筆すべきほほえみの利点は他にはないキューブタイプがあることですね!

 

ひとつで40ml分、真ん中に線が入っており手で簡単に割る事ができるので20ml刻みで計量できるキューブは計量が簡単で楽、お出かけに便利で保存もきく名選手!袋がピチピチでかなり出しづらい以外のデメリットはほぼ無し(あとキューブはコスパ的には良くない)

 

我が家のランキング的には3位ですが、さすが売れているだけはあるな!という感じです

 

第2位

森永乳業 はぐくみ

森永はぐくみ 大缶 810g

森永はぐくみ 大缶 810g

 

【価格】

【風味】★★★

【甘さ】★★★★★

【溶け】★★★★

E赤ちゃんのベースになっている粉ミルクで、溶けやすく味にクセも無い

計量スプーンが細身で扱いやすいし、オリゴ糖三種類配合で便秘に効く(らしい)

 

何の予備知識もない状態で買った最初の粉ミルクがこれだったので、意図せず合ったものを使ってたということになるな!カンが冴え渡っておるな!

 

頭の良くなる栄養素DHAとARAのどちらも含まれているのは、「はぐくみ」と「ほほえみ」だけで、お値段的にはぐくみが優勢です!コスパまで含めて、とてもバランスの良いミルク

 

第1位

和光堂 レーベンスミルクはいはい

和光堂 レーベンスミルク はいはい810g

和光堂 レーベンスミルク はいはい810g

 

【価格】★★

【風味】★★★★

【甘さ】★★★

【溶け】★★★★

旨味成分が強くコク深い味わいでいながら甘すぎない、母乳粉ミルク混合育児にベストな粉ミルク「はいはい」が我が家的には第1位です!おめでとう和光堂!全然知らんかったけど!

 

ほとんど無臭で滅茶苦茶溶けやすく、サラサラで気泡も出づらいのでムッスコもガンガン飲みます!いいぞいいぞ~

 

非常に感染力の強いノロウイルスやインフルエンザの予防にも効果的と言われる成分、ラクトフェリンの含有量が最も多く、ほほえみに次いでDHAの含有量も多い

 

まぁそのへんの良さもあるんだけど、そんなハイパフォーマンスを誇るはいはい、雪印ぴゅあと同じく広告費を抑えることによる低価格により抜群のコストパフォーマンスとなっております!

こんだけ飲んでくれるし母乳とも相性よし、尚且つリーズナブルってなったらそりゃあ選んでしまうよなぁ!?

 

ということで我が家の粉ミルク1位は和光堂の「レーベンスミルクはいはい」でした!

 

計量スプーンについて

spoon

粉ミルクにはどれも一杯で20ml分計量できる計量スプーンが付属してんだけど、月齢が進みむと一回で作るミルクの量も多くなり、20mlのスプーンでは計量が大変

例えば200mlのミルクを作るとなると単純に10回すくわないといけないので、夜中寝ぼけているとたまに何回入れたかわからなくなったりするぜ!まぁ寝ぼけてなくても10ターン繰り返すのは間違えてしまいがちだよな!


「じゃあもっとデカいスプーン無いの?」ってなると思うんですけど、実はね…

 

あるみたいですよ奥さん(迫真)

 

和光堂と雪印ビーンスタークでは50mlのスプーン、森永乳業に至っては100mlのスプーンがあるそうです!5倍ってすげぇな!なんだそれ

 

大きい計量スプーンの入手方法

各社の計量スプーン入手方法は以下の通り

  • 和光堂:お客様センターに電話、もしくはメールでお問い合わせすると無料で50mlのスプーンが届く
  • 森永乳業:お客様相談室に電話、その後140円分の切手を指定された住所に送ると100mlのスプーンが送られてきます(一家族につき一つ)
  • ビーンスターク(雪印):流れは森永乳業と同じくお客様相談室に電話。こちらは120円分の切手で50mlのスプーンが送られてくる

ちなみに計量スプーンは「他社製品では使い回せません」的な注意書きがあるみたいですが、調べたところ上記の三社ならば使い回しができるそう。できるのかよ!まぁだいたい粒の大きさも一緒ってことですかね


明治は僅かに分量が違ってくるらしいのでやめといた方が無難かもね!使うなら自己責任でオナシャス

ちなみに明治は50mlや100mlのスプーンは製造していないようなので、これはキューブ買えってことやろなぁ!足元みられてますなぁ!

 

まとめ

今回ランキングをつけてみたんですけど、まぁ赤ちゃんが飲んでくれて用途に合っていればどれを選んでも支障はないので誤解のなきよう!

 

というのも、粉ミルクは厚生労働省が定めた『母乳および乳児用調製粉乳の成分組成と表示の許可基準』という基準をクリアしていなければならないので、最低限の品質は保証されてんですね!安心!

味に差はあれど、成分的にはどのメーカーも限りなく母乳に近く作られているので、どれを選んでも品質的に問題はないし、栄養成分の大きな差もない

その基準をクリアしてプラスαでどこを売りにしているのかが各社で違うってことなので、その辺で好みが分かれる感じだと思います

 

やはり重要なことは「赤ちゃん自身が飲んでくれるか、そして体質に合っているか」に尽きるので、赤ちゃんの飲み具合やうんちの状態や回数をチェックし、価格面や調乳のし易さ、含まれてる成分の僅かな違いなどで比較して選ぶのが良いです

 

成分、調乳のし易さで言うと「はいはい」と「はぐくみ」がどっちも同じくらいなんだけど、価格や味を比べると安価で甘過ぎない「はいはい」が我が家にはベターでした!

 

どのぐらい参考になるか分かんないですけど、第一子で粉ミルク買うときってマジで何にも分かんねーと思うので、この記事でちょっとでも買う前にイメージ出来たら幸いでございます!

 

ほなまた