HMP2ブログ

hmp2という名前でアクセサリー作ったり、思ったことをオブラートに包んでから破いて書いたり、iphoneアプリをエンジョイしたりしてます。  著者連作先:byousatsu-pn2@hotmail.co.jp

【レビュー】名古屋味仙本店監修!激辛台湾ラーメンカップ食べたらキツイ【日清】

f:id:byousatsu-pn2:20170416232840j:plain

こんにちは!パンツだ

 

バンドではよく行ってた名古屋ですが、活動が縮小してからはめっきりと行く機会がなくてな!たまには遠出したい気持ちはある!割と!(俺調べ)

まぁそんな名古屋のめしと言えば味噌カツやひつまぶしあたりが圧倒的にご高名かと存じますが、どちらも正直俺にはハマりませんでした!味噌はちょっと甘すぎて!ていうか鰻はそもそも嫌いだし!ごめんな!平賀源内ごめんな!

 

そんな俺にイマイチハマってない名古屋めしなんですけど、その中で手羽先とともに俺の琴線に手垢を付けまくってくれたのが味仙の台湾ラーメンなのです!イェア!

 

 

台湾ラーメンとは

blog.hmp2blog.com

超絶激辛ラーメンとして名高い、めっちゃ辛いひき肉が乗ったにんにく炸裂系ラーメンです(おいしい)

去年も嫁と名古屋旅に出かけた際、最後の晩餐としてチョイスし、見事にお肛門がお逝きになられた美談を日記にしたためました(吐血)(下が)

 

その際に食べたのが名古屋めし台湾ラーメンのアメリカンという、要素が渋滞しまくりの品だったんですけど、そんな台湾ラーメンの名店・味仙が監修し、なおかつ販売元が日清!これは間違いないでしょう!

 

じゃあ、早速作っていくよ!

 

開封

f:id:byousatsu-pn2:20170416233844j:plain

ジャケットにも味仙監修であることは大きく記されており、アッピルに余念がない

 

f:id:byousatsu-pn2:20170416233934j:plain

蓋にくっついてたコイツがおそらく肛門周りにダメージを与えてくる犯人なのだろうけど、旨味のためには泳がせるしか無いですね

 

f:id:byousatsu-pn2:20170416234040j:plain

開封すると、麺が見えないほどのひき肉とニラ!あまり唐辛子的なものは見当たりませんが、本気度は伝わってきます

早速お湯を入れて、長めの待ち時間5分を耐えましょう

 

完成

f:id:byousatsu-pn2:20170416234130j:plain

辛味油を投入し、完成です!

見た目の完成度で言うと、味仙で食べる本物に比べてややスープが濁り気味で、圧倒的に赤さが足りないような気がしますね

あと、コレは仕方ないと思うけど、麺がカップラーメンらしいそれなので、恐らく食感にかなりの差がでるものと思われます!いざ!

 

あー、なるほど!

 

これは、味の雰囲気はそれなりに近いけど、正直申し上げて別物ですな!本店の辛さランクで言うところのアメリカン(アメリカン→普通→イタリアンの順に辛くなる)よりもうちょい辛くないぐらいのレベルで、多少辛いもの食える人なら難なく完食できます

その上でややにんにくのパンチが弱く、良く言えば食べやすい仕上がりになってますが、味仙監修であることを考えると全体的に物足りない感じは否めません!

 

ちょっと期待が大きかっただけに残念な感じかな!

 

おまとめさん

まぁ、カップラーメンとしては文句なしに美味い部類に入るので、辛さが大丈夫な人は是非試してほしいですけど、これを店の味と思うのは止めといたほうが良いですね

 

あ、そうそう、店で食うのよりはマジで辛くないんですけど、

f:id:byousatsu-pn2:20170416234841j:plain

額がビッチョビチョにはなるから注意な!

 

ほなまた

 

▼麺職人の台湾ラーメンあるんだ!こっちのが食べたいわ!

日清麺職人 台湾ラーメン 88g×12個

日清麺職人 台湾ラーメン 88g×12個

 

 

▼本物が知りたい方向け