読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HMP2ブログ

hmp2という名前でアクセサリー作ったり、思ったことをオブラートに包んでから破いて書いたり、iphoneアプリをエンジョイしたりしてます。  著者連作先:byousatsu-pn2@hotmail.co.jp

【ブログ運営】400記事突破したのでアクセスとかの考察をしようと思う!【読まれた記事・読まれない記事】

400

こんにちは!パンツだ

 

まぁタイトルのとおりだ!なんだかんだ1年以上ブログを続けてたら、いつの間にやら400記事も書いてしまってましたね!ヒャッホウ!

どうせなら500記事とかのキリの良いところでやれよ、って話ですけど、なんか「400記事も書いたんかー」って思ってしまったのはもうしょうがないので、この1年ちょっとで読まれた記事とそうでもなかった記事でも調べて考察でもしてみましょうかねーー

 

もくじ

 

読まれた記事・人気記事

This is a graph


読まれた記事、まぁつまるところここ1年でアクセスを稼いでくれていた記事はこのへん

アクセス数の多い記事

blog.hmp2blog.com

現在、当ブログは累計180万PVぐらい(マジで上出来すぎると思ってます)なんですけど、そのうちの3~4割ぐらいはこいつらで稼いでるのではなかろうか、という記事たちです

 

アクセスが多い理由

俺も詳しいところはあんまり分かってないですけど、いわゆる「ランキング記事」が多めに入ってきています

まぁこれは単純に記事内に含まれている情報が薄いながらも多いので、検索流入を狙いやすいっていうメリットが、たぶんだけど、あります(結果論)

ゆうて書くのに時間も労力も結構割かないといけないからね!多少の見返りは欲しいのが人情ってもんだよなぁ!?

 

あとは、「そのジャンルは好きだけどひとつひとつの作品とかものに関してそこまでマニアックな情報が出せない」っていう、広く浅い知識系の俺みたいな奴にも書きやすいってのはメリットですね!つまみ食い大好き!

 

ただ漫画とか特にですけど、検索母数が多いぶん競合サイトも多いので、安易に手を出してもGoogleの海に埋もれてしまうのはほぼ間違いないのと、ランキング記事って更新が結構面倒(順位入れ替えが必ず発生する)なので、書くならそのへん覚悟しないといかんですよ!

 

シルクスクリーン記事はかなりニッチな記事ではあるものの、思いの外需要があったみたいですね!事の発端は全く不明ですが、気づいたらFacebookで2500シェアぐらいされててビビったのを記憶してます

これに関してはランキング記事と違ってマニアックなところを深めに攻めた結果なので、「母数は多くないけど当たれば安泰」的なところがあります

ブロガー諸兄は人よりこだわりがある分野って必ず持っていると思うので、「こんなマニアックな話誰が興味あんねん!」とか思わず、バシバシ書いていったらいいと思うよ!

 

マイクラPE記事は徐々に伸びてきた感じ

これは初心者に限定したことが功を奏していると思っていて、マイクラって自由度が高い反面、最初に何やったらいいのかマジで分かりにくいので、そのへんをフォローできる記事を書いた

初心者向けなのでマニアックな知識って訳じゃないんだけど、自分が困った経験を活かして誰かの助けになるのでは、といった感じですね!こう書くといい奴っぽいな!我をあがめよ!(崩壊)

 

収益性

儲かりません(激白)

特にゲーム記事だと、そもそも現行の最新ゲームじゃないから基本的に買ってもらうにしても中古ですし、そこから数%の紹介料となると・・・あとは分かるな?

やっぱり「稼ぐ」ってことを重視するなら自分が使えるリソースを稼ぐ方向に全部持って行くべきなので、時間ばっかかかって儲からない記事はイマイチかもね

 

ただ俺の場合はそこまで割り切れない、というかそもそもブログ始めてから「ブログで稼ぐ」ってのを知ったぐらいなので、好きでもない内容の記事なんか書いてられねぇーんだよオラァン!

そのへん割り切れる人はもっと稼げるジャンルでアフィアフィしまくってください!俺はPVだけで割と満足です!

 

読まれなかった記事

down

これはどの程度で「読まれなかった」って判断するのか難しいというか、読まれてない記事があり過ぎて選べないレベルに達しているので、ざっくりジャンル分けしてみたいと思います

 

ファッション記事

「浅く広く」が完全に裏目に出ているケース

ファッションクラスタはもっとマニアックな服談義を求め、そうでない層はそもそもファッションに全然興味が無いという二極化したジャンルに適当に参入した結果がこれだよ!まぁ楽しく書いたけどな!

 

俺のバンド系記事

理由?バンドが無名だからだよ!(迫真)

流石に伸びると思って書いてないんですけど、やっぱり検索母数がそもそも少なすぎる記事ってのはこうなる運命ですね!

 

ドリンクレビュー記事

ブログ開始当初からずっとちょこちょこ書いているドリンクレビューですが、ほぼ毎回滑っています!滑って!います!

まぁルーティンワークみたいなものなので滑ってもあまりダメージ受けてないですけど、話題になるようなドリンクでないとPV稼ぐってのは難しいですな

 

雑記・考え事系記事

いわゆるオピニオン記事みたいなこと?違う?わかんないわかんない怖い怖い!

こういうのは検索よりもバズ狙いで書かないと読まれないってことだね!そして俺はバズらせたことなんて一度もないよ!ケッ!

 

日記系記事

まぁこれは当然の結果ですわな

更新するたびにスターやブクマが大量につく人気ブロガーならばまだしも、俺が日常やら旅行記やらを公開したところでそんなもんです

っていうか、それなりに検索狙ってそうな記事タイトルにもの悲しさがあふれ出るな!やめて!見ないでェ!(本末転倒)

 

アクセスが少ない理由

需要が少ないってのもあるとは思うんだけど、何よりも自分のスタイルとマッチしていないってとこかな

検索でPV稼ぐタイプのブログなのに、日記やらオピニオンやらはキツイって!もっと検索意識してホラホラホラ!

 

収益性

聞く必要がありますか・・・?(白目)

 

おまとめさん

Internet Access

ということで400記事超えて考察してみたんだけど、実質180万PVの大半を担っているのは100記事ぐらいで、あとはPV的に言うとゴミカス記事ばかりでした!3/4は無駄に書いてる!辛い!

でもな、だからと言って「PV無い記事は消そう」ってのも違うと思ってます

まぁ俺なんて特別良い文章が書けるわけでも何でもないのでアレなんですけど、そういうPV稼げない失敗記事も経て、幸運にも読んでもらえる記事を書けるようになっているわけで、いいとこどりばっかりなんて出来なくて当然なのです

 

自己ブランディングとかなんとかってのに対してはクオリティの低い記事はマイナスだとは思うんですけど、まぁそんなクソ記事もこのブログの一部なのでね!気が向いたら「何だこのクソ記事は・・・(驚愕)」ってなりつつ読んでみてね!そして反面教師にせよ(強引)

 

500記事までには月間50万PV目指すぞーー(きっつい)

ほなまた