HMP2ブログ

hmp2という名前でアクセサリー作ったり、思ったことをオブラートに包んでから破いて書いたり、iphoneアプリをエンジョイしたりしてます。  著者連作先:byousatsu-pn2@hotmail.co.jp

【SMAP】購買運動って何のためなんだろう【解散報道】

http://www.flickr.com/photos/16501075@N00/132753711

photo by alexxis

こんにちは、パンツです

 

 

ていうか思ったんですけど、俺さ昨日5記事も投稿してた。仕事もしながら

何やってんだろうね! キモイね!

 

まぁそれはいいんだけど、あのー、まぁビックリしたよね! SMAPの解散(するかも)報道!

マジ分裂解散になってしまうかどうかはまだわかんないけど、そういう協議をしてるってことはジャニーズ事務所も認めていたので、最低限単なる噂話では無い模様

 

まぁーーでもさ、結成したからにはいずれ、みたいなことは当然あるもんだとは思うんだけど、ジャニオタはもちろんのこと一般人(非ジャニオタ)でも「SMAPは居て当たり前」みたいな空気になってたとこあるから、急に現実味の無い話題「解散」が降りかかって話題になってるのかな

 

でさ、そのジャニオタさんたちがなんか必死になってやってるじゃん? あのー、購買運動っていうの?

聞いたところによると、なんでも「世界にひとつだけの花」をみんなで買いまくってミリオン行かせよう! みたいな感じ、らしい。あってる?

 

まぁ俺個人としてはこの曲を好まない(ほかのSMAP曲は概ね好き。ジャニーズ面白い曲多いよな)んですけど、そんな俺ですらフルコーラス振られたら歌えるぐらい世間に浸透してるのは正直すげーよな! みーんな知ってる。童謡かよ

 

話それちゃったな

まぁ、そんな超人気、ていうかそもそもミリオン余裕で達成済の「世界で~」を購買運動までして買い漁らせるジャニオタネキ達の目的っていったい何なの?? 自己満足?? とか思ってたんですけど、どうも、

 

 

「売上を伸ばしてSMAPであることの重要さを事務所サイドに再認識させる」

 

 

みたいな狙いがあるのでは、というかそうだ、みたいな記事を目にした

 

はー、なるほどね! 確かに、もし仮にマジで解散となれば、今後SMAPの名前での活動やCDグッズの販売も無くなる訳で、そうなってくるとメンバーそれぞれの個人ファンはそこにお金を落とさなくなっていく

そうなるとジャニーズとしても利益が大幅に下がってしまうので、「ほらほら! SMAPはSMAPで残しといたほうがいいでしょ? お金あげるからぁー!」ということが伝われば解散を阻止する動きが出るんじゃないか、というような思惑らしい

 

 

なんかすごいゲンキンな手法な気もするけど、まぁいちファンというか、例えばファンクラブだとかで結束して抗議文出すみたいなことしても「あーハイハイなんかゆうてはるねー(ゴミ箱ポイー)」てされたら徒労だもんね

その点、実際に多額のお金が動くってのはいろんな大人たちにとって心動かされるものになる可能性は高いのかもしれない

 

 

しれないんだけどさ

 

 

今回の解散騒動って、まぁー実情わかんないけど、いわゆる内紛的な、ジャニーズ経営陣サイドのゴタゴタに巻き込まれてる感じなんだよね?

それって、CDの売上とか、人気の再確認とか、そういうことで解決できるもんなの? っていう素朴な疑問が

 

まぁできるんならいいと思うんだけど、どうもそんな気しないんだよなーー

今回の解散特需で爆発的に「世界の~」が売れたとして、それこそミリオンいったとしてさ、

事務所「お、SMAPいけるやん! 事務所やめんとこうや!」

SMAP「お、せやな」

とはならんのじゃないです? まぁなるんかもしれんけど、可能性としてはお世辞にも高いとは言えないのでは

 

 

まぁでもSMAP好きで好きで仕方ないジャニータさん的には、この状況で指を加えて見てるだけなんてことは出来ないのも分からんではないな

どうしようもないような事に対して、出来る限りの努力(今回の場合は財力)を惜しまないってのは、結果云々より本人の精神安定のためにヨロシイかもしれないですね

 

 

 

・・・なんだ! 結局自己満足じゃないか!

 

 

 

 

まぁ購買運動される方は勝手に頑張ってください! SMAP解散しないといいですね!

※俺の勝手な言い草だから、本当はもっと深い意味があるのかもしれないぞ! みんなで考えてみよう!(俺はもういいです)

 

※追記※

2016.8.14にマジ解散宣言きましたね! 今年の年末、12/31までだとか

やはり一度深まった溝はそう簡単に埋まりはしないんだなぁ…

ではまたーー