読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HMP2ブログ

hmp2という名前でアクセサリー作ったり、思ったことをオブラートに包んでから破いて書いたり、iphoneアプリをエンジョイしたりしてます。  著者連作先:byousatsu-pn2@hotmail.co.jp

【感想】エキスポシティのNIFREL(ニフレル)はまさに「触れる」水族館!【入場料金・混雑具合】

レビュー・感想 考え事・雑記
f:id:byousatsu-pn2:20160717102527j:plain

 こんにちは!パンツだ

 

こないだ、って言ってももう先月の話なんだけど、2回目の結婚記念日でしたのね

でまぁ、どこかお出かけしましょうかってなってたんだけど、ゆうて嫁が身重なのでそんなに遠出も出来ない

 

そんなわけで、近場だけど行ってなかった場所のひとつである「生きているミュージアム」NIFREL(ニフレル)に潜入してきましたぞ!

 

もくじ

NIFRELとは

大阪府吹田市の万博公園近くのショッピングモール複合施設、EXISPOCITYの中にある「感性にふれる」をコンセプトにした、体験型の水族館的なところです

 

▼EXISPOCITY自体は2回目

hmp2.hatenablog.jp

入場料金

大人1900円、大阪が誇る巨大水族館であるところの海遊館も同水準(2300円)ということを考えると事前のハードルは上がってしまう感じではあるよね

 

待ち時間・混雑具合

まぁ水族館なので、遊園地のアトラクションみたいな人数制限は特になし

ただ、滅茶苦茶混んでたりしたら入場制限かかるかも知れないですけどね

 

うちは日曜日の昼に行ったんだけど、チケット購入で10分ぐらい並んだだけだったので、恐らくあんまり大したことないな!

 

館内の様子

「いろにふれる」ゾーン

中に入ってまず最初に入るとカラフルな熱帯魚やイソギンチャクがたくさんいるゾーンを通ります

 

f:id:byousatsu-pn2:20160717154738j:plain

(かわE)(写真のクオリティ)

 

f:id:byousatsu-pn2:20160717155401j:plain

えびかわE

 

f:id:byousatsu-pn2:20160717155022j:plain

イソギンチャクきもE

 

まさに「いろ」にふれるゾーンですな

 

「わざにふれる」ゾーン

つぎは生き物のいろんな技を見られるゾーン

 

f:id:byousatsu-pn2:20160717155101j:plain

貝殻でオシャレするハイセンスなカニ

 

f:id:byousatsu-pn2:20160717155615j:plain

砂に潜る技とか以前に顔がマジヤバい

 

ほかには角質を食いまくることでおなじみのドクターフィッシュとか、クッソデカくて全く動かないサメとかがいます

f:id:byousatsu-pn2:20160717160614j:plain

ずっとここにいる

 

「すがたにふれる」ゾーン

めっちゃ暗いので、輪をかけて写真のクオリティが酷いのはご容赦ください

f:id:byousatsu-pn2:20160717160839j:plain

チンアナゴさんの知られざる部分(きもE)や

f:id:byousatsu-pn2:20160717160927j:plain

ダイオウグソクムシさんがいらっしゃいます(きもE)

 

「みずべにふれる」ゾーン

エスカレーターを上がって2Fに行くと、うって変わって明るく開けた場所になります

ここでは魚のほかに、カバやワニといった大型の水棲生物が展示されています

f:id:byousatsu-pn2:20160717161242j:plain

微動だにしないワニ(石)

 

f:id:byousatsu-pn2:20160717161308j:plain

生々しいカエル(きもE)

 

あと、実はホワイトタイガーも居たっぽいんだけど、恐らく頭上に居た「それ」に対し、俺も嫁も大きめのぬいぐるみだと思ってスルーしてしまったので行く人は注意めされい

 

ちなみにここにはカフェもあります

カバのケツを見ながらのティータイムも、また一興ではないでしょうか

「うごきにふれる」ゾーン

NIFRELにおいて最大のエンジョイポイント、それがこの「うごきにふれる」ゾーンだと言っても過言ではない

まず、展示されているのが水辺のアイドルかわうそさんだったり

f:id:byousatsu-pn2:20160717161642j:plain

カピバラさんであったりするわけなんだけど

f:id:byousatsu-pn2:20160717161708j:plain

 

なんとこのゾーン、(カワウソは流石に別として)動物たちとのあいだに柵が無いのです!

つまりこんな感じ

f:id:byousatsu-pn2:20160717161808j:plain

オマキザルがその辺歩き回ってたり

f:id:byousatsu-pn2:20160717161837j:plain

フクロウがトイレの案内板にとまってたり(さいかわ)

f:id:byousatsu-pn2:20160717161932j:plain

派手なのか地味なのか良く分からん鳥に行く手を阻まれたりしてとっても楽しいDEATH!

 

あと、

f:id:byousatsu-pn2:20160717162232j:plain

こんなに身近にカピバラさんのうんちが見れるのはニフレルだけ!(くさそう)

 

「つながりにふれる」ゾーン

前述の「うごきにふれる」ゾーンでテンションも興味もマックスで持っていかれるので、ぶっちゃけこの後は惰性です(失礼)

この「つながりにふれる」ゾーンでは、コンセプトに沿った映像作品をシアターのような場所で観覧できるのですが、全然食いつかずに過ぎ去りました! すまんニフレル!

 

まぁ子連れとかで一通り疲れた後だと、ちょうどいいタイミングで座れるのはなかなか宜しいのかもしれんですな

 

WONDER MOMENTS

f:id:byousatsu-pn2:20160717162640j:plain

めっちゃアーティスティックで洒落た空間なんだけど、暗闇+光による効果なのか、子供たちのテンションがおかしなことになってて滅茶苦茶やかましいです

アートを感じるのは流石に無理があるので、まぁ、そういうもんだと思ってスルーしましょう

 

まとめ

だいたいこんな感じでした!

事前情報によると、「同じ2000円出すなら海遊館の方が楽しい説」が有力だったんですけど、いざ体験してみると割と高評価、普通に楽しかったです

まぁ規模的にはかなり小さいのは事実なんだけど、その分動物や魚たちとの距離が近いので、新鮮な感じで見れましたん

 

あと、ショッピングモール敷地内かつ再入場が可能なので、途中で食事やショッピングもはさみながらゆっくり見れるのもすげーいいと思った(普通)

 

今回は買ってないんですが、かわうそさんのミニバッグとかめちゃ可愛いので、誰か行って俺に買って帰ってきてください(真顔)

ということで! NIFREL意外と面白いからみんな行った方が良いよ!

 

ほなまた!