HMP2ブログ

hmp2という名前でアクセサリー作ったり、思ったことをオブラートに包んでから破いて書いたり、iphoneアプリをエンジョイしたりしてます。  著者連作先:byousatsu-pn2@hotmail.co.jp

【おすすめ】笑える面白いギャグ漫画ランキング10【シュール多め】

GAGギャグ漫画祭り

こんにちは、パンツです

 

気づいたらもう5月…スギやヒノキの季節は終わったはずなのに鼻がムズムズすんなぁーーふざけんなよォ!(憤怒)

 

まぁそんなイライラが募る花粉症クソ野郎も数多くおられるとは思いますが、あんまイライラしてっとハゲるよ?

ストレス軽減・リラックスと言えば「笑い」、ということで、俺のおすすめのギャグ漫画を10作品選んでみたよ

 

もくじ

 

レギュレーション

特に閾値は設けない方向でいきたい、というかめっちゃ読んできたジャンルでもないので、そんなことしてたら記事が書けない可能性が・・・!?

まぁ4コマとか長編とか、そういうのはあんまり関係なくランキングしていきます

 

ギャグ漫画ランキング

第12位

サナギさん /  施川 ユウキ

サナギさん 5 (少年チャンピオン・コミックス)

天然ボケ系女子中学生サナギさんがツッコミに徹さざるを得ないほどに、周囲が狂っているほのぼのシュール系ギャグ漫画

親友フユちゃんの斜に構え方がハンパ無く、この可愛い絵柄で無かったら引いてしまうような毒舌を連打する

その辺のバランスが絶妙だなぁーー

  

第11位

おぼっちゃまくん / 小林 よしのり

おぼっちゃまくん おはヨーグルトBOX [DVD]

 

昨今では政治・AKB傾倒が激しすぎてただの面倒くさいおじさんと化している小林よしのり氏だが、おぼっちゃまくんでのどう考えてもぶっ飛びすぎている設定の数々は天才としか評しようがない

基本的に「金持ち」「大金持ち」「超大金持ち」しか出てこないので、一般的な感覚で読む必要は全く無い

「落ちぶれてすまん!」は名言

 

 

第10位

クレヨンしんちゃん / 臼井 義人

クレヨンしんちゃん(50) (アクションコミックス)

感動作の多い映画について評価されることの多いクレヨンしんちゃんなんだけど、漫画読んでた人たちには恐らく尋常じゃない違和感があるよなぁ!?

そもそも連載誌が「アクション」というゴリゴリの青年誌(アクション仮面もそこから来てるぞ)だったので、コンセプトは「大人がやると引いてしまうような変態行為を子供を使って表現」って感じの結構なエロギャグ漫画

アニメや映画しか見たこと無いしんちゃんフリーク達は、ぜひ一度初期のものを読んでほC(ドン引きするかもしれない)

ただ、規制のゆるい青年誌ならではの切れ味ありすぎるギャグは格別

 

第9位

セトウツミ / 比元 和津也

セトウツミ 1 (少年チャンピオン・コミックス)

エセ関西弁は世の中に溢れすぎてもはやひとつのジャンルとして確立されている感すらあるので今更どうこういうこともないですけど、セトウツミは「ちゃんとした」関西弁のボケツッコミのニュアンスが表現されていて好き

大きな場面の動きが無くても面白いものは描けるということを証明した漫画

 

第8位

週刊メロンコリニスタ / ニャロメロン

週刊メロンコリニスタ

紛うことなきギャグ漫画の天才、ニャロメロンのWEB漫画

サイト上で全作品閲覧できるんだけど、紙面で読みたい場合は濃縮メロンコリニスタがいいかな(週刊メロンコリニスタは同人誌なので値段がね)

シュールギャグセンスの塊のような漫画なので、「これが面白く感じない人とはなかなか話が合わない」とか思っちゃうレベルのやつ

 

キャラクターの背中ごしの表情を横に描くという、ちょっと何言ってんのか分からない手法や、そうまでして描いた表情は毎回全く同じという…なんかもうそれだけで十分です!

 

濃縮メロンコリニスタ (マイクロマガジン・コミックス)

濃縮メロンコリニスタ (マイクロマガジン・コミックス)

 

 

第7位

ピューと吹く!ジャガー / うすた 京介

ピューと吹く!ジャガー モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

マサルさんもそうだけど、うすた漫画はギャグのシュール具合が絶妙だし、絵も適度に雑で読みやすい。ちゃんと女の子が可愛いのも高評価

 

ジャンプ巻末のデザート的な漫画だったので、コミックスでまとめて読むとまた違う印象に…はならんか、しっかりとセンスを感じる名作

 

 

 

第6位

ギャグマンガ日和 / 増田 こうすけ

増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ギャグ漫画の宿命というか、やっぱり長期連載が続いてしまうと後半にかけて勢いが落ちてしまうのは止むを得ないとこがある

ギャグマンガ日和もそんな感じありますが、初期巻の勢いがかなり強めなので、それで引っ張って行けるようなブルドーザー系ギャグ漫画

シュールな要素よりも分かりやすいギャグ、というかとにかく勢いで行ってしまう系の話が多めなので、広い層に受けそう

 

  

 

第5位

魁!!クロマティ高校 / 野中 英次

魁!!クロマティ高校(3) (週刊少年マガジンコミックス)

主人公・神山以外は全員ボケ

きっちりとツッコミを入れてコンパクトに締めてはいくものの、細かいギャグの連打が溢れる怒涛のギャグ漫画

登場人物がどいつもこいつも濃く、舞台設定が高校である必要が全く感じられないのも凄い

 

 

 

第4位

神聖モテモテ王国 / ながいけん

神聖モテモテ王国(2) (少年サンデーコミックス)

 

マトモに読んでたら頭おかしくなるレベルで「何言ってんのかわかんない」漫画

その名の通り「ナオンにモテる」という至上命題はあるものの、ひとつのエッセンス程度の扱いで、基本はやりたい放題でオチもゆるめ

でもかわE漫画ですき

 

 

第3位

日常 / あらゐけいいち

日常(1) (角川コミックス・エース)

全体的に立方体しか描けない妙な画力の無さも含めて、可愛さとシュールさを見事に融合した漫画

可愛くて狂ったキャラクターしか出てこないので、心が疲れたときに読むと良いと思います

 

 

第2位

伝染るんです。 / 吉田戦車

伝染(うつ)るんです。 (1) (小学館文庫)

ゴリゴリのシュール漫画

ゴッドボンボン・火星田マチ子・いぢめてくん等、その他作品も含めて「シュールな発想が神がかっている」吉田戦車氏の代表作

ちなみに、表紙に描かれているのは「かわうそ」。もうそれだけで氏の狂気(褒め言葉)が伝わる

妬み・嫉みのような負の感情を笑いに昇華させる手腕はお見事

 

 

 

第1位

行け!稲中卓球部 / 古谷 実

行け!稲中卓球部(5) (ヤングマガジンコミックス)

ギャグ漫画の時代を変えたと言っても過言ではないと思う

シュールさ・分かりやすさ・絵の表現力、どれをとっても一級品

 

基本的に一話完結が多いんだけど、ストーリーの進め方やエロの入り方も絶妙。中学生男子の妄想と大人のギャグセンスが見事に混ざり合っている

 

「ギャグ漫画ってあんまり読まねーんだよな」って人はここから始めて欲しいし、稲中が面白くなかったら多分他も無理、そんな感じ

 

 

 

まとめ

まぁそんな感じ! 明らかにシュール系ギャグ漫画が好きだってはっきり分かんだね!

ギャグ漫画って発想と切れ味勝負なとこあるから、なかなか新しい良作って出てきづらいのもあって古めの作品ばっかりになってしまったけど勘弁な!

 

ほなまた!

 

 

▼頑張っていっぱい書いたやつ▼