HMP2ブログ

hmp2という名前でアクセサリー作ったり、思ったことをオブラートに包んでから破いて書いたり、iphoneアプリをエンジョイしたりしてます。  著者連作先:byousatsu-pn2@hotmail.co.jp

【旦那レビュー】Tropicana SPARKLING TIME【3本目】

こんにちは、旦那です。
旦那レビュー、流れに乗っての3回目、やっていきましょう。

ところで、こういうレビューって、新発売されたものを
評価していくのが普通だったりしますかね?
悲しいかな貧乏性が染み付いているので、ディスカウントされたものに
心が惹かれてしまうんですよね。

ということで、その例に漏れず今回はこちら。

トロピカーナ スパークリングタイム
【商品名】Tropicana SPARKLING TIME(チェリー/ピーチ)
【購入価格】自動販売機で60円

このトロピカーナ スパークリングタイムですが、注目すべきはお値段ですかね。
さっきキリン(トロピカーナはキリンが提携して日本で販売しているそうです)の
公式ページ見てたら、小売価格は140円でした。


60円・・・安いですね。(確信)


まあ、俺の職場(十三という大阪北部の闇であるところのクソみたいなホテル街の中のホワイト企業というスタイル)
近くの自販機の価格設定が異常(期限切れの缶コーヒー(!)が10円で売られてたりします)なだけかもしれませんが、
確か発売当初でもスーパーなんかだと90円ぐらいで売ってたりしたので、
あんまり希望小売価格どおりってのも少ないのかもしれないですね。
コンビニぐらいかな。

で、お味なんですが、非常に安定感のある印象です。
どちらも果汁12%なので、そんなにフルーツ感を押し出してきている訳ではなく、
かといって人工的な「フルーツのような味」になっている訳でもなく、
とてもバランスが良いです。
特にチェリーは甘さがちょうど良く、さくらんぼ食べながらサイダー飲むと
こんな感じなんじゃないですかね。(適当)

ちなみに、60円の投売り状態の理由はもちろん賞味期限(飲んだやつは7/21でした)なんですが、
期限1ヶ月前のものでも炭酸がきっちり残っているというか、クオリティを保っているのは流石と言えますね。

とまぁ味に関しては高評価なんですけど、あえて気になるとすれば・・・容量ですかね。
350mlをあえてペットボトルにする必要があるのか。。。
まぁ、パッケージの高級シャレオツ感の演出のためですね、きっと!
知らないですけど。


ということで、Tropicana SPARKLING TIMEの評価はこちら!

【甘さ】  ☆☆☆☆
【濃さ】  ☆☆
【炭酸】  ☆☆☆☆
【値段】  ☆☆☆☆
【容量】  ☆☆
【ペットボトル細い】☆☆☆☆☆


総合評価・・・80点



定価だとちょっと割高かなー、と思いますけど、
100円切ってたら納得できる感じですね。


ではまた。